古い洋楽、お好きですか?

今日は、遠い昔、ミタ子が好きだった洋楽の話をしますので、
ご興味の無い方はどうぞ、スルーしてくださいませ

さて、
ミタ子ん家のPC、ミタ子とぱぱさんの共用PCデスクの隣に、息子のPCデスクが並んでいるんです。

昨夜遅く、もうぱぱさんが眠ってる深夜、ふと隣を見ると、
息子がビレッジピープルの「マッチョマン」を聴いてるではありませんか

ずい分古い音楽を聴いてるもんだと、言ったら
最近の歌は息子が好きなものが無いんだそうです。

何かおススメは無いか、と聞かれて
優くん以外の最近の歌は分からないので

昔々、ミタ子が好きだった洋楽を幾つか教えました。


サンタエスメラルダの「悲しき願い」とか、ルークリスティの「魔法」とか。
ジャンニモランディの「ゴーカートツイスト」、これはイタリア映画「太陽の下の18歳」の挿入歌らしいんだけど
ミタ子が買ったんじゃないのに、家にレコードが有ったんだぁ。


オリジナルキャストの「ミスターマンディ」、
ミタ子が中学1年の時、クラスですごく流行ってたんだぁ


ミタ子は中1の冬休み少し前から一か月、入院してたんだけど、大昔だから
病室にテレビは無く、ラジオも短波しか入らなくて、
仕方なく言葉も分からないまま、洋楽を聴いてて、その時ヒットチャートで
繰り返し流れていたのは

ドーンの「ノックスリータイムス」や、CCRの「雨を見たかい?」だったな。


大人になってからは、ディスコミュージックが流行った時期があったよね
「セクシーバスストップ」とか「ザッツザウェイ」とか。

二十歳になったばかりの頃、ミタ子も何度かディスコ(今みたいなお洒落なクラブじゃ無いよ)
行った事あるけど、

「ソウル・ドラキュラ」や「ジンギスカン」が有名でたまにテレビのBGMで聴くけど、
ミタ子は「怪僧ラスプーチン」が好きだったな。


今では全く洋楽は聴かないけど、息子と昔の思い出話をした夜でした






1501目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。


ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★

スポンサーサイト

シネマパラダイス

昨日の夜、『探検バクモン』というテレビ番組を見ました。
       ポチしてみてね☆

爆笑問題がレポーターの、NHKの番組です。
昨日は「奇跡のシネマパラダイス」

福島にある『本宮映画劇場』、築101年のレンガ造りのレトロな映画館を紹介。
東日本大震災にも耐え抜いた、幾つもの時代を見てきた映画館。

51年前に閉館したんだけど、先代から引き継いだ今の館主さんが守っている。
時の流れで映画界が衰退して、閉館を余儀なくされたんだけど、
生活の為にサラリーマンとなっても、

いつか復活を願って、給金の大部分と休みの日を、この映画館に捧げてきた。
今でもちゃんと作動するカーボン式映写機は、すごく珍しく貴重なんだけど、
それも、館主さんが手入れを怠らないからだ

館内に貼られているポスターも、廣澤寅蔵とか、ミタ子でも分かんないレトロ感たっぷり。
大正ロマンあふれるこの映画館は、スクリーン前に舞台が有って、
そこで、歌手による歌や、演劇も行われたそうです。

第一回は、東海林太郎で、最後は三波春夫だったんだって

単なる映画を観るだけの場所じゃ無くて、総合的な娯楽施設だったんだねぇ。
太平洋戦争の時も、東日本大震災の時も、
近隣住民の避難場所にもなったんだって。

2015060320440000.jpg

ミタ子が子供の頃に住んでいた所は、今の実家よりも埼玉よりの下町で、
徒歩で15分位の所に、映画館が有った。

「梅田太源館」、漢字は合ってるかどうか分からない、何せ半世紀近く昔のことだから。

夏休みになると、『東映まんが祭り』が有って、小学生のミタ子は友達と子供同士で
朝一から見に行った。
開場と同時に、わぁーと自分こそが一番乗りだって、走って入ったっけ

「ゲゲゲの鬼太郎」「白蛇抄」「西遊記」…
一番好きだったのは、題名は知らないけど、ヤマトタケルが苦労をして
三種の神器と天馬を手に入れ、八岐大蛇を退治するアニメ。

天馬がめちゃくちゃ可愛くてかっこいい、と子供のミタ子は憧れたもんだ

アニメだけじゃなくて、「モスラ」や「妖怪大戦争」なんかも観に行った。
ビデオもPCも無い時代、庶民の大事な娯楽だったよね。

そこは、ミタ子が中学生の頃に無くなって、今じゃ何になってるのかも知らない。
歩いて行けて、大好きだったのに。


福島の、魅力的な館主さんがいる『本宮映画劇場』
これからもずっと、存続してほしい。
そしていつの日か、上映映画館として復活したら素晴らしいね




1268目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。


ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★

おせち

2013122418050000.jpg

今の時期、スーパーでは黒豆がおせちコーナーに並んでいますが、
ミタ子はうぐいす豆が大好きなの。

職場に持って行くお弁当にもいれてるんだ。
甘くてほっとするんだよね

ミタ子の家近くの、幾つかのお店ではなかなか置いてないんだけど、
職場であるスーパーには有るんだ。

うぐいす豆も、おせちに入ってるといいのに。

なーんて、昔の実家のおせちを思い出しました。



ミタ子は、「伊達巻」と「なます」くらいしか、おせちは作った事がないの。

昔、実家の母はこの時期になると、「くわい」を煮てたっけな。
ミタ子の実家のおせちには、「くわい」が定番だった。

ミタ子は、里芋系はあまり好きじゃないので、くわいも嫌いだった。
買って来た伊達巻も好きじゃない。

でも、母はどちらも大好きで、主に食べるのは母だけだった。

ミタ子の実家では、「きんとん」の代わりに、「栗甘納豆」が入ってた。
これが、ダントツの一番人気。




実家は今はマンション住まいなんだけど、昔は違う土地で一軒家に住んでたの。
その裏が商店街で、斜め裏に、甘納豆の作業場があって販売もしてた。

そのお宅から、毎年、栗甘納豆を年末にいただいていたの。
工場がうるさくてごめんなさい、と来年もよろしく、って言う意味みたい。

ミタ子はその甘納豆屋で、一番安い、うぐいすとか金時とか
色々入ったミックスは買ったことがあるんだけど、
栗甘納豆は、あまりお店で売ってないし、あっても高くて買えない。
ケタが違う、高級品だから。

だから、お正月のおせちの時だけ、食べられるから
ミタ子と弟は楽しみだっだの。


おせちで一番好きだったのは、
母がせっせと作っていた「くわい」じゃなくて、
人からもらった「栗甘納豆」だった、っていう思い出話でした




690日目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 
ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★


グリーティングスタンプ

ミタ子には、ハワイに一人だけ、外国の友達がいます

20代の頃出会って、30年以上になりますが、
今では、クリスマスカードの交換だけになっちゃいました。

ミタ子はいつも、カードを送るのが遅くなっちゃって、ちゃんとクリスマスまでに
届いているのか心配なんだけど、
また、今年もきっとギリギリなんだろうなぁ。

カードに貼るスタンプを探していたら、去年買ったのかな?
こんなグリーティングスタンプが見つかったの。

2013121914040000.jpg

所々無いのは、使ったからだよ。
同じ料金なら、普通のスタンプより、こんな可愛い方がいいもんね。
一年に一度のクリスマスカードなんだから。

探せば出て来るものなんだな。

ハワイの友達Lからのカードには、いつもグリーティングスタンプが貼ってある。
クリスマスの雰囲気が、スタンプからもする。

ついでに、ちょこっとタンス整理をしてたら、Lと撮った古い写真が出てきた。

2013121914030000.jpg

右がミタ子で、ジャケットがL。
多分、ミタ子が長女を産んで少し経った頃、ミタ子が26歳で、Lが27歳だったはずだ。

長い付き合いになるけど、2人で写真を撮ったのは、たった2回だけ。
Lが日本に来て会った、たった2回だけ。

Lと初めて会ったのはハワイでだったんだけど、具合が悪くなって、何も食べられなくなったミタ子に、
手づくりのゼリーを差し入れてくれたり、ハワイでお世話になったし、

長女を出産した時は、日本のミタ子の実家まで、会いに来てくれた。

家庭的な人で、手作りのスタイやベビーシーツも、くれたんだ。
刺繍がしてあるんだよ。

それに比べて、ミタ子は何にもLにしてないね。
自分や家族のことで、いっぱいいっぱい、だった
って言えば聞こえがいいけど、自分が情けなくなる。

そんなミタ子の事を忘れないで、毎年カードを送ってくれるんだ。
ありがたいな。


今年も、そろそろ届くだろう




681日目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 
ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

むかしばなし

一昨日、山形とか、福島で大雨による、水害のニュースを見ました。

ついこの間は、東京が集中豪雨で、電車が止まったり、停電になったそうですね。

どちらも大変な事態です。

ミタ子の方では、水源の利根川水系のダムの貯水率低下によって、
24日から10%の取水制限になったんだって。

ダムがあるところでは、水位が下がってるって言うし、
上手くいかないものですねぇ


大地震に津波、異常気象…
人間が、長きに渡って、地球をいじめてきた報いなのか、なんて考えたりして…。

すずらん


ここで一つ、昔話をしちゃいますね、よかったら聞いてってね。

ミタ子が子供の頃のこと。
ミタ子の実家は今はマンションなんだけど、昔は違う所の一軒家に住んでいたの。

海抜0mの低い土地で、台風はもとより、単なる大雨でも、床下浸水する所だったの。
家のすぐ前には、側溝があって、浅いから雨でよく溢れた。
なので、台風が来ると、床上浸水を何度か経験したんだ。

父が玄関や窓に内側から板を打ち付けて、ミタ子と母は2階に荷物を運ぶの。
畳も運ぶんだよ。
運びきれないものは、押し入れの上段や、天袋に移動するの。

なにせ、水は階段の3、4段目位までやって来るんだからさ。

停電にもなるから、ロウソクや缶詰などの食料、テレビも見られないからラジオ、
そろえるものはいっぱいある。

あの頃、トイレは汲み取りで、浸水すると、あふれかえってしまうし、
大体トイレまでたどり着けない。


      


そんな状況なのに、当時のミタ子の記憶には、辛いという記憶がないの。

子供である、っていうことは、すごい事だよね。

むしろ子供のミタ子は、楽しかったの。
ミタ子には、床上浸水がワクワクするイベントだったの、ばかみたいでしょ。

子供は、楽しい事を見つける天才。
もう、1つの才能だよね。

話がそれるけど、心臓の手術の時も、
子供ならではの、面白い事あったんだぁ、いつか話すね。

いつもと違った非日常の、父と母と小さな弟が、狭い一部屋に集まって、
ロウソクだけで、缶詰を食べてラジオを聞いている。
暴風雨というBGM付きで。

キャンプみたいで、ちっとも嫌じゃなかったんだぁ。


水が引いた後の掃除とか、大人は大変なことが待ってるわけだけど。


ミタ子が中学生になる頃には、もう地域の下水設備もかなり良くなって、
側溝もなくなって、
床上も床下も、浸水することはなくなりました。


大変な思いをされている方がいるというのに、不謹慎ではありますが、
ふと、昔を思い出しました。

遠い昔のはなし、です。


541日目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 
ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★


Maukie

マウスにじゃれるよ❤

きらきらスイッチ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

ブログ村ランキング

ご訪問ありがとうございます。  一押ししていただけたら、うれしいです。