avatar image

恩田陸「ネバーランド」

先月、病院での暇つぶしに、図書館で本を借りたんだぁ、
すごく有名な人気作家の代表作の長編小説を。

古い小説だけど、評価が高いから、期待して楽しみに

でも、残念ながらミタ子には繊細過ぎて、共感する事も、ハラハラドキドキ感も、
感動で涙するって事も無かった。
それどころか、モヤモヤすっきりしなくて

それもこれも、ミタ子の読解力の無さ、なんです。
読む人が読めば、虜になるんでしょう、きっと


そこで、スカッと出来る恩田陸の「ドミノ」(ミタ子のお気に入り)を借りに図書館へ。

「ドミノ」の文庫は、貸し出し中で無かったので、「ネバーランド」を借りました

2016060208400000.jpg


舞台は九州の男子高校の、古めかしい「松籟館」という学生寮。

冬休み、正月を実家で過ごす為、大勢の生徒が帰省する中、
3人の生徒が居残ることになる。
みんなそれぞれ帰れない、帰りたくない理由がある。

そこに、自宅からの通学組の1人が加わって、4人だけの寮での生活が始まる。


何か、萩尾望都の世界の匂いがする。
最初の数ページでもう、面白そうな予感が


クリスマスイブから大晦日まで、一日ごとに章になっている。
思春期の多感な子供達には、親の問題や辛い過去や、今も引きずる体験があるんだけど

初めは表向きだけ波風を立たせないようにしてたり、仲が悪かったりする4人が
しだいに各々の事情や気持ちを知って、友情を深めて
一歩踏み出していく。


序盤はちょっとミステリアスな感じもして、終盤は爽やかな気持ちにさせてくれた。


ソフトな「トーマの心臓」みたいな雰囲気で、望都ファンのミタ子には
とっても面白かった



1536日目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。


ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★


にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

  • ぐり
  • URL
No title

好きな本を読みのはやっぱり楽しいですね

いまいちの時は私もやめてしまうときがあります

本を読みのも私の場合は癒しなので

やはり癒されたい

昨日はどうしても書き込みできなかったんです

今日はできるかな

  • ミタ子
  • URL
Re: No title

ぐりさんへi-175

たまたま手に取った本が、楽しかったら
うれしいですよね。

FC2の不具合があったそうです、KAGOMEちゃんが教えてくれました。
昨日もぐりさん、書込みしてくれようとしてくれたんですね。
ありがとうございます!
うれしいです。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback