avatar image

湊かなえ『贖罪』

湊かなえの『贖罪』を読んだの。

長女が読み終わった本や漫画をくれるので、家にはもらった本がいくつもあるの。

湊かなえの小説を読むのは、これで6冊目になる。

これからお読みになる方もいると思うので、余り内容は言えないけど、

15年前ある田舎町で一人の女の子が殺害される。
直前まで一緒に遊んでいた、4人の女の子は遭遇した犯人の顔を思い出せず、
事件は迷宮入りする。
被害者の母親は彼女達に言う。
犯人を見つけなさい、出来ないのなら、償いをしなさい、と。

そして悲劇が連鎖する。

2013092313020000.jpg

それぞれが4人の女性と母親が核となった、5つの章の構成で、最後に終章で光が指す。
やっぱり、湊かなえは読みやすい。

難しい言葉や文章ではなく、先へ先へと読み進みたくなる。

これを読む前に、首藤瓜於の『脳男』を読んでみたんだけど、
読むのが面倒になって途中で止めちゃった。

東野圭吾の『秘密』も、どうにも面倒でやめちゃった。

男性作家の文章は、ミタ子には難しすぎるのかも知れない。

湊かなえらしい、決して気持ちのいい話ではないが、
ミタ子は湊かなえの本は好きだな。

おすすめはしませんけど。

でも、おすすめするなら、『往復書簡』かな。
次女と長女は『少女』って言うから、人それぞれよね。



599日目


お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 
ランキングに参加しています。 ポチっとしてくださると嬉しいです★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございます★


スポンサーサイト
Theme: 読んだ本 | Genre: 本・雑誌

Comment

  • ままこ
  • URL
No title

ミタ子さん一家は読書家ですね。

我が家は駄目だわ・・・
私はじっくり読む時間が無くて(言い訳)

「脳男」は映画のと同じかな。
つい最近DVDで見ました。
話の内容はバレバレでしたが、
生田斗真君がカッコ良すぎでした♪

  • ぴくにっく
  • URL
No title

ちょっと重いけど、スルスル読めて面白いよね^^
高校教師も好きでした。
この間、花の鎖もやってたね^^
すっかり人気作家になってるけど、普通の主婦だったんでしょう…凄いよね!

今日、伊坂幸太郎の「死神の浮力l買って来たよ。
重松清とか荻原浩とか読み易いよ^^

女流作家では角田光代とか群ようことか瀬尾まいことか…
沢山いるなぁ(笑)

  • ミタ子
  • URL
Re: No title

ままこさん、こんばんはi-118

テレビがつまんない時とか、近くにある本を読んでるだけだよ。
でも、老眼で細かい文字を追ってると、疲れるんだぁ^m^

そう、映画になった「脳男」。
斗真くん、美しいよねぇ♪

  • ミタ子
  • URL
Re: No title

ぴくにっくさん、こんばんはi-118

うん、元教師で、家事の合間に書いていたらしいよ、すごいよね。
ミタ子にもそんな才能、欲しいよ(^^ゞ

伊坂幸太郎は「死神の精度」が映画になったよね。
次女が読んでたな。面白そうだね。
ミタ子が読んだ本が、たまたまつまんなかったんだね、きっと。

角田光代は長女も好きだって言ってたよ。
ぴくにっくさんは本好きなのね。

  • ごん太の嫁
  • URL
No title

こんにちは(^-^)
ミステリー小説好きなので湊かなえさんの作品も何作品か読みました☆
贖罪も読みましたよ。
『往復書簡』・『少女』は読んでないので帰国したら読んでみます♪
また、オススメの本があったら教えてください。

  • ミタ子
  • URL
Re: No title

ごん太の嫁さん、こんにちはi-3

嫁さんも、ミステリーお好きなのね。
『往復書簡』は、湊かなえにしては、「いい話」って感じかな。

そちらでは、日本の本は手に入らないの?

嫁さんも、おすすめの本、教えてね(*^_^*)

No title

ティンクル改めラナです。以前からブログしてたんですが、改めてブログ始めました。ぜひとも遊びに来てくださいね。

面白そうな本ですね。おすすめしないんですか(笑)
本は大好きなので、読んでみようと思います。

  • ミタ子
  • URL
Re: No title

ラナさん、こんにちはi-3

どちら様かと思いましたよ^m^
ティンクルさん、ラナさんになったのね。
ティンクルもいい名前なのにな。

湊かなえはスルスル読みやすいんだけど、読後感がすっきりしなかったりするよ。
好みの問題だから、おすすめはやっぱ、しない(^^ゞ

もち、今からすぐ遊びに行くね!

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback